デリケートゾーンが『イカ臭い!?』臭う原因

デリケートゾーンが『イカ臭い!?』臭う原因とは?

まんこがくさい

 

例えばスタイルだったり、目の大きさだったり、髪の質だったり。
女性の体の悩みは人それぞれ。

 

そんな中でも、特に一人で抱え込みがちなのが「デリケートゾーンの臭いの問題」です。

 

部位がデリケートゾーン、しかも臭いの問題ともなれば、親しい友人であっても中々相談できることではありません。

 

また目の大きさやスタイルのように目に見えるものではないため、他の人との比較も困難。

 

「臭いが気になる」
「特別キツい気がするけど、他の人はどうなんだろう」

 

相談もしにくく、比較もできない。
これでは、悩みは深まる一方ですよね。

 

今日は、デリケートゾーンの臭いの原因をご説明します。

 

デリケートゾーンが臭くなる原因は何?

そもそも、デリケートゾーンの臭いの原因は一体何なのでしょう?

 

答えはずばり「細菌」です。
正確に言うと「過剰に増えた細菌」であるといえます。

 

菌、なんて言われるとぎょっとしてしまうかもしれませんが、その点はご安心を。
人の体には元々菌が存在しています。

 

ここで注目したいのが、デリケートゾーンの特殊性です。

 

まず第一に、前述したように人の体には菌が存在します。
デリケートゾーンも同様です。

 

そしてデリケートゾーンは菌が存在すると同時に、下着やストッキングなどで「覆われた部位」でもあります。
つまり通気性が悪いのです。

 

加えて、デリケートゾーンは菌の“栄養”となるものが多く存在します。
つまり「尿」、蒸れることで多くなる「汗」、女性であれば「おりもの」「経血」などがそうです。

 

豊富な栄養があり、しかも通気性は悪くとても過ごしやすい。
デリケートゾーンというのは菌にとって、最高に“住みやすい環境”であるのです。
結果、菌はみるみる増殖していって臭いの原因に。

 

これがデリケートゾーンの臭いのメカニズムです。

 

ウッ臭い・・・!こんなときは要注意

基本的に、菌もおりものも程度の差はあれど誰もがもっているものです。
そのため「臭いがする=なにかの病気?!」と心配する必要はありません。

 

しかし

 

・急に臭いが強くなる
・洗っても臭いが気になる
・おりものの急増、変色

 

これらの場合は注意が必要です。
というのも、病気の中にはこういった症状を示すものが存在するのです。
そのため、これらの症状が現われた場合にはなにかの病気のサインである可能性も否定できません。

 

気になる点がある方は、早めの受診を考えてみて下さい。

 

デリケートゾーンのニオイを改善するための対策とは?

敏感な部位なのでごしごし洗いはNG。

 

専用ソープや低刺激石けんで優しく丁寧に洗ってください。

 

まとめ

デリケートゾーンの臭いの原因、いかがでしたか?

 

まとめると
・デリケートゾーンは臭いやすい環境が整っている
・優しく丁寧な洗浄が◎、気になる点があれば病院へ
ということになりますね。

 

「私は大丈夫そう」「ちょっと気になるかも……」などなど、感想は様々でしょう。

 

なにかひっかかるものがあった方は、一人で悩まず病院で相談してみるのも対策の1つです。

 

ちなみに私はアンボーテというデリケートゾーン専用のソープで洗っています。
体験談を書いていますので、チェックしてみて下さい。
アンボーテフェミニーナウォッシュを実際に使ってみたので効果を口コミ!